[トップページ]                 サプリメント学 

  保健機能食品
  有効性及び安全性について定めた基準に従い評価された食品に栄養機能食品と特定保健用食品があります。

 

  ○栄養機能食品
 
主に、ビタミン、ミネラルといった人間の生命活動に不可欠な栄養素で、厚生労働大臣の定めた基準に従い認められている17成分の素材です。
 亜鉛、カルシウム、鉄、銅、マグネシウム、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸などで、規格基準が定められています。

○特定保健用食品
 からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えるのに役立つなどの特定の用途に適する食品です。

条件付き特定保健用食品
特定保健用食品の審査で要求している有効性の科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品を、限定的な科学的根拠である旨の表示をすることを条件として、許可対象と認めています。
許可表示:「○○を含んでおり、根拠は必ずしも確立されていませんが、△△に適している可能性がある食品です。」
   
   
   
   
   

 

 商品カテゴリー(健康食品 サプリメント 化粧品)
サプリメント 乳酸菌  酵素   ビタミン ミネラル ダイエット ハーブ ロイヤルゼリー キノコ類 特定保健用食品
植物由来 動物由来 美容食品   栄養補給 美容  健康食品  アロマ  食物繊維  栄養機能食品
ナイトライフ          ホーム   サイトマップ     サイトマップ  会社概要 
  Copyright(C) 2008 AtoZ.NS(有) .All Rights Reserved.