> ペットケンコー1番 > ペットの病気 > クッシング症候群

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターサカイのドッグフード   クッシング症候群 

原因
  下垂体や副腎の腫瘍によるものです。副腎はさまざまな調整をするホルモンを分泌している器官です。持続的にステロイドホルモンが過剰に分泌される疾患をクッシング症候群といいます。ステロイドホルモンは、糖、脂質、タンパク質、ミネラルなどを調節していますが、その代謝がおかしくなるため肥満をはじめさまざまな異常が起こります。
病状
  顔がパンパンにふくれ、赤くなり、胴体が太り、首の付け根のあたりに脂肪がたまります。また、血圧が高くなります。放置しておくと数年で死亡するといわれています。 
商品一覧 お問合せ ペットニュース 会社概要 WEB制作 商品登録