> ペットケンコー1番 > ペットの病気 > 肛門嚢炎 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターサカイのドッグフード  肛門嚢炎 

   
原因
  肛門の左右両脇に肛門嚢があります。排便するとその嚢から分泌液が一緒に出て臭いをつけています。しかし肛門嚢の導管が炎症などで詰まると、細菌感染が生じ肛門嚢炎になります。これは小型犬のミニチュアプードル、トイプードル、チワワなどに多いとされています。
病状
  肛門周囲を舐めたり咬んだり、地面や床にこすり付けて歩いたり、自分の尾を追いかけてグルグルと回る動作をします。膿瘍が起きると発熱から食欲不振になります。さらに悪化すると肛門嚢の皮膚が破れて膿の排出や出血などが見られます。
治療法
  患部を清潔にし、抗生物質を投与します。 
商品一覧 お問合せ ペットニュース 会社概要 WEB制作 商品登録