> ペットケンコー1番 > ペットの病気 > ケンネルコッフ 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターサカイのドッグフード  ケンネルコッフ 

原因
  伝染性気管支炎はほかのウイルスや細菌などが混合して感染します。中でも重要なのがボルデテラと、それにジステンパーウイルス、アデノ1型、2型、パラインフルエンザウイルスなども関係しています。パラインフルエンザウイルスは非常に弱いウイルスで、アデノ1型は犬伝染性肝炎ウイルスと同様です。空気感染で犬の呼吸器系に伝染します。
病状
  喉に何かがひっかかったような咳をし、ときには鼻汁を出すこともありますが、発熱の有無などはさまざまです。気管支のかなり奥のほうが侵され、呼吸器系の広範囲に広がります。発病してから通常は1週間以内に免疫ができて回復します。
治療法
  混合ワクチンで予防ができます。感染犬には対症療法と補助療法が行われます。 
商品一覧 お問合せ ペットニュース 会社概要 WEB制作 商品登録