> ペットケンコー1番 > ペットの病気 >
 天疱瘡(てんぽうそう) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターサカイのドッグフード  天疱瘡(てんぽうそう) 

原因
  自己免疫疾患でワンちゃんの多くが落葉性天疱瘡にかかります。
  落葉性、紅斑性、尋常性、増殖性の4つに分類されます。患部は口や鼻の周囲、肛門や生殖器の周り、腋や大腿の内側など粘膜の境界部などに現れます。
病状
  落葉性天疱瘡では鼻や耳介などに発病し、尋常性天疱瘡では口腔内や眼の周囲に現れます。患部に大型の水疱が形成され、破裂後、びらんや潰瘍を起こします。また細菌の二次感染も起こると大変な病状になります。
治療法
  ステロイド剤および抗生物質で治療します。
 
商品一覧 お問合せ ペットニュース 会社概要 WEB制作 商品登録