> ペットケンコー1番 > ペットの病気 >
脱毛症 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドクターサカイのドッグフード      脱毛症 

原因
  さまざまな皮膚病に共通している症状ですが、原因により脱毛の場所や症状が違ってきます。最も多いのが背中の脱毛で、かゆみもなく抜けてしまう脱毛症は、精巣または副腎の異常な性ホルモンの分泌によるのではないかともいわれています。2〜3歳のオスに発病するとの報告があります。真菌性(カビが原因)だと全身に広がることもあります。
病状
  頚部の左右対称性脱毛から広がり、毛色が暗くなりツヤがなくなります。
治療法
  生命に関わらないので問題はありませんが、オスなら去勢すると病状がよくなる可能性もあります。 
商品一覧 お問合せ ペットニュース 会社概要 WEB制作 商品登録